内田 誠一

スタッフ紹介

内田 誠一(主任研究員)

所属:

専門分野

【専門分野】
中央官庁、地方自治体、業界団体等からの産業研究や中小企業研究、高齢・障害福祉、子育て支援、行政施策評価、地域活性化など、国民生活にかかわる幅広い分野の調査研究に従事。

研究実績・論文

【最近の主な研究実績】
・令和元年度産業経済研究委託事業 地域と企業の持続的共生に向けた、地域と中堅・中小企業の具体的な在り方及び課題解決の成果の効果的な波及方法検討のための調査(R2.3経済産業省)
・嗜好品と豊かさや幸福に関する社会学研究(H29~R2公益財団法人たばこ総合研究センター)
・わがまち魅力化プロジェクト~サステイナブルな地域社会の創生事業(H29~R2一般財団法人社会開発研究センター)
・オフィスにおけるインタラクションゾーンの実例と効果に関する研究~インタラクションゾーンの効果的な運用に向けて(H30.1公益財団法人ダイオーズ記念財団研究助成)
・「ふるさと名物応援宣言」を実施した市町村による地域資源活用促進に関する調査(H29.3独立行政法人中小企業基盤整備機構)
・民間企業にみるソーシャルビジネスの現状と展望~海外展開に取り組む企業を中心に(H27.3財団法人仁川発展研究院) など

【書籍】
・『SDGsとこれからの日本企業』(編著, 博進堂, 2018.12)

【論文】
・「SDGsと社会的インパクト投資の潮流」(一般社団法人日本在外企業協会『月刊グローバル経営』, No.424, 2018.12)

【講演等】
・平成29年度 ふるさと名物支援担当者研修(H29.8/経済産業省職員・地方自治体職員等向け)

ホビー・特技・自己PR

【自己PR】
入所以来、様々な分野の調査研究を担当してきました。その経験や多様な人との交流は、新たな発想や気づきにもつながります。現在は特に、インクルーシブビジネスやSDGsと呼ばれる分野に関心を持っています。独立性、中立性という弊所の立場を活かしながら、地域課題や社会課題を解決していく取組をサポートしていきたいと考えています。

【座右の銘】
「無欲でなければ志を持ち続けることはできない」

【ホビー・特技】
・伝統玩具・郷土玩具収集uchida-pic02
・まち歩き、行動観察